山下健の豆腐「かむろとうふ」の通販、店舗で買うには。

冷奴、湯豆腐、田楽、みそ汁の具など、毎日の食卓に欠かせない日本人の国民食である豆腐。

実は私、豆腐専門店や豆腐料理の店に通う豆腐が好きです。

スーパーの豆腐を食べ慣れてしまうと、本物の豆腐の深い味わいに感動すら覚えます。
そんな豆腐作りに人生をかけた一人の名人を紹介します。

山下 健

出典:https://www.kamuro.com

1954年 埼玉県所沢市生まれ
創業明治五年の山下とうふ店の店主

 

山下健さんの豆腐にかける情熱、大豆選び、そして気になる山下さんの豆腐の買い方。

おまけに、お奨めの豆腐名店もご紹介します!

山下とうふ店の豆腐

山下とうふ店の代名詞ともいえる「かむろとうふ」

出典:https://www.kamuro.com

豆腐好きで埼玉県民でもあった私も一度食べたことがあります。

日常的に食べている豆腐(スーパーだけではなく一般的な豆腐店のものも含めて)とは全くの別物です。

そのまま食べても十分に美味しい。

私は軽く塩を振るくらいの味をつけて食べるのが好みです。

山下とうふ店の大豆

山下さんが大事にしているのは、「品種」と「加工技術」

大豆は希少な在来種にこだわっているようです。
在来種とは昔から地域に合って栽培され続けてきた品種のことです。

市販もされないような希少品種が多いようです。

在来種だから美味しいというよりも、個性豊かな品種が多く、大事に栽培されていることで結果として美味しい。

山下さんは「国産だから美味しいのではない。きちんとした作り手が作るから美味しい。」と言います。

「輸入大豆でもきちんと作れば、いい加減に作られた国産大豆の豆腐よりもはるかに美味しい」

「手作りだからうまいのではなく、きちんと作られた大量生産であれば、いい加減に作った手作り品よりはるかに美味しい」

「国産」「手作り」という言葉に騙されない真実を追い求める姿が表れている言葉ですね。
そんな山下さんは12年前より、自家農園で大豆を自家栽培しているそうです。
在来種を好む山下さんらしく、無肥料栽培、無農薬栽培。

しかもすべての作業を自分で行うという徹底ぶり。

大豆栽培名人の半沢富次

そんな山下さんが目標とするのは、千葉県君津市の大豆栽培農家で名人と呼ばれる半沢富次(はんざわとみじ)さん。

出典:http://takaokad.exblog.jp/14750585/

幻の大豆とされていた地元産の「小糸在来」を手間暇かけて品質のいい大豆を育てることで多くの豆腐店から高い評価を得ています。

小糸在来愛好クラブの設立メンバー

こちらでは幻の大豆のオーナー制度に取り組んでおり、1区画5坪程度を5,000円で自由に収穫することが出来ます。

収穫は10月から11月。29年度は10月6日~11月30日の予定です。

山下とうふ店のHPで自宅で作れる「よせ豆腐」の作り方が公開されていますので、小糸在来で作ってみるのもいいですね。

お家でとうふ作り
お家でとうふ作り

山下健の豆腐を食べる

山下とうふ店で直接買う

店舗は埼玉県所沢市内に2店舗あります。

山下とうふ店 本店

〒359-0024 埼玉県所沢市下安松420

TEL:042-944-2016
FAX:042-951-1400
MAIL:hocpoc@kamuro.com営業時間:09:00-17:30(年中無休)
交通:西武線「秋津駅」/JR「新秋津駅」から徒歩約10分

※駐車場は少し離れたところにあるようですので、事前に連絡をしてください。ちなみに、秋津駅前にはコインパーキングがあります。

 

山下とうふ店 西武所沢店

〒359-1123 埼玉県所沢市日吉町12-1 西武所沢店 B1

TEL:04-2927-3033(要事前連絡)

営業時間:午前10時~午後8時
交通:西武線「所沢駅」西口・南口から徒歩約1分

駐車場:税込み2,000円以上お買い上げで1時間無料

山下とうふ店の通販

※ヤマトのクール宅急便による代引きのみです。

1.自家農園産大豆使用の豆腐

  Aクラス: 栽培が難しくて収量の少ない品種
   きぬとうふ 330g  500円
   よせとうふ 330g  500円
   積みゆば 330g   1500円

  Bクラス: たくさん収穫できた品種
   きぬとうふ 330g  300円
   よせとうふ ?330g   300円
   積みゆば ?330g  ? 1500円

2.揚げ物
   油揚げ一枚      70円
   厚揚げ 一枚    250円
   小がんも5個入り ? 300円

3.その他
   ごまとうふ・ゆずとうふ・その他
   ※直接お問い合わせください。

4.送料
  お買い上げ価格1501円以上の場合(代引き手数料込み)
   本州・四国 1200円
   九州・北海道 1400円
   沖縄 1500円
   ※サイズ規格100まで(絹豆腐なら8丁まで、よせとうふなら8パックまで入ります)

  お買い上げ価格1500円以下の場合
   ヤマトクール宅急便実費(代引き手数料300円)

山下とうふ店に委託製造する

一般家庭では現実的ではありませんが、大豆の持ち込みにより加工も請け負ってくれます。

1.加工したものは直接取りに行く。
2.黒大豆は不可、茶豆・青豆・赤豆はOK。
3.大豆の量は8キロ限定。一丁330グラム換算で60~70丁程度。
4.料金は、初回のみ1万円。2回目以降は一丁あたり200円。

おすすめ豆腐専門店

山下さんもお奨めの東京都葛飾区の豆腐専門店

国産大豆専門 気合豆腐埼玉屋


東京都葛飾区宝町2-9-14
電話: 03-3691-4951
営業時間: 平日 午前8時~午後7時30分
日曜日午後2時~6時 祭日午前10時~午後7時

おすすめ豆腐料理専門店

豆腐好きの私がお奨めの豆腐料理専門店です。
どちらも間違いなく満足していただける名店です。

宇豆基野 本店


東京都足立区千住東2-2-1
電話:03-3882-8848
アクセス:北千住駅から徒歩7分
営業時間:午前9時~11時、12時~14時

 

東京 芝 とうふ屋うかい

東京都港区芝公園4-4-13
電話:03-3436-1028
アクセス:赤羽橋駅赤羽橋口出口から徒歩5分
営業時間:11時~22時

 

 

 


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。