スピードゴルフのルール、スコアアップの秘訣、体験会に参加しよう

若者から年配まで楽しめるゴルフ。
オリンピック正式種目ともなって若手の活躍も期待されます。

アスリートスポーツとしてのゴルフはともかくとして、一般のゴルファーにとってのゴルフといえば、歳をとってからでもできるスポーツ。
ゆっくり間を取って、打ったらカートに乗って、ハーフ終わったらビール飲んで、1日かけてのんびりプレーを楽しむもの。

そんな常識を覆すニュースポーツが今注目を集めています!

その名も

スピードゴルフ

出典:shinyasasaki.jp

スピードゴルフのルール、楽しみ方、スコアアップの秘訣から、スピードゴルフを体験できる大会まで、一挙紹介します。

 

スピードゴルフとは

スピードゴルフは、アメリカで1970年代に始まったと言われています。

2000年には「Speed golfインターナショナル」が設立されて、アメリカでは現在でも数々のトーナメントが行なわれています。

そして、2012年10月にオレゴン州バンドン・デューンズGRで初の世界選手権が行われました。
日本では、2014年1月28日に「第1回日本スピードゴルフ選手権」が、茨城県の利根パークゴルフ場で行われ、徐々にその人気が高まっています。

 

スピードゴルフのルール

基本となるルールはゴルフと同じですが、「スピードゴルフ」の名が示す通り、出来る限り早くプレーすることが求められます。

スピードゴルフの順位は、スピードゴルフスコア(SGS)によって決められます。

これは、ラウンドスコアとタイムの合計

例えば
ストローク:78打、タイム:46分32秒の場合

78+46:32=124:32

スピードゴルフスコアは、124:32 です。
スピードゴルフのルールで、通常のゴルフのルールと異なる点として最も大きいのは、クラブの本数です。

◆クラブの本数は7本以内(通常は14本以内)
それ以外にも、暫定球のコンセプトがない、ピンを残したまま打ってよいなどあります。

とにかく、速くプレーすればするほどSGSが短縮されるので、カップインしてから次のホールに進むのもランニング。

ただし、グリーン上だけは走ってはいけません。

それ以外は、基本的にアドレスからショットまでの間以外は常に走ります。

 

スピードゴルフのマナー

ゴルフは紳士のスポーツでマナーが大事。
これは通常のゴルフと同じです。

スピードを競うという競技の特質から、ついつい忘れがちな点を少し上げておきます。
・ティーショット後、ティーを拾うことを忘れないように。

・バンカーショットの後に砂をならすことも忘れない。

・先行している選手に追いつき、同じホールで前後する場合は、危険のないように声を掛け合い譲り合いましょう

 

スピードゴルフ1ラウンドにかかる時間

冬季五輪の競技で「バイアスロン」という競技をご存知でしょうか?

クロスカントリーと射撃をミックスした競技ですが、走りながら、集中力を要するショットを打つという点で、スピードゴルフと通じるものがあります。
通常のゴルフではハーフ2時間半以上かかるとスロープレーと判断されます。
逆に言うと、ハーフ2時間以内であればスピーディーです。

では、スピードゴルフ1ラウンドにかかる時間はどのくらいなのでしょうか?
ゴルフの1ラウンドは約6.5~7kmが一般的です。

スピードゴルフでは、ホールとホールの間も走りますので、短めのコースでも7km以上は走ることになるでしょう。

もちろん、これは最短距離であって、実際に走る距離はゴルフの技術によって大きく変わりますが、初心者ならば最低8kmは覚悟しましょう。
ジョギングビギナーの目安が、時速7.5kmと言われます。

つまり、ゴルフをしないで走るだけでも1時間以上かかります。

しかも、平坦なアスファルト道路ではなくアップダウンのあるクロスカントリーですから、もっと時間がかかります。
しかも、曲げてしまえば斜面を駆け上がり、谷を駆け下りることもある。
トップ選手は18ホールを1時間以内で走りますが、まず初心者はペース配分を意識して、ジョギング程度のスピードでラウンドし、走り切ることを目標にペース配分をしましょう。

 

スピードゴルフのスコアアップの秘訣

「素振りをしない、ラインを読まない、考えこまない」

まずはこの3点です。
走るスピードは決まっているので、スコアを縮めるには、打数を減らすか、走る以外の時間の無駄を省くかです。
ゴルフの技術のある方ならば、息を整えて、しっかりアドレスして、集中して打ちたいですよね。
しかし、スピードゴルフのトップ選手の中でも

あえて飛ばそうとせずコンパクトにまっすぐに打ってすぐ走り、飛距離より最短距離を進むことを優先する

ボールを無理に探さすに1ペナルティのロストボールとしてすぐに打つ

など、無駄な時間を省くことでトータルのスコアアップにつながるようです。
また、トッププレイヤーは、時間短縮のために、左手にバッグをもって右手一本でパッティングをする選手も多いようです。

出典:gdo-next.golfdigest.co.jp

確かに、バッグをグリーンの外に置くと、取りに行ってから次のホールに向かうので、グリーンの幅と同じくらいの距離が無駄になりますね。
また、道具も走りやすいように工夫をしているようです。

軽量のクラブケース(セルフスタンド付き)

大量の汗をかくので、ランニングに適したウエア、ショートパンツ

走りやすい、ランニングシューズ(金属スパイクの使用は禁止)

クラブは7本まで許されますが、本数が多くなればなるほど重たくなります。それを持って7km以上走るわけですから、その負担を減らすためにトップゴルファーは、4本、5本に絞ってラウンドしているようです。

とはいっても

ドライバー、ウエッジ、パターの3本は絶対に必要。

あとはアイアンをどんな構成にするか

一般的なのは、5番、8番。

しかし、トップゴルファーは総本数を4本にして、例えばアイアンは5番だけ入れて、距離によってスイングの調整をするのだそうです。

これは、通常のゴルフをするときにも役立つ能力ですね。

 

そして、何よりもコースマネジメント。

このコースの攻略ルートは?

グリーン周りはどうなっている?

グリーンの傾斜は?

その場で観察して決めている時間がないので、トップゴルファーは事前に調べて攻略のイメージをもって競技に入るようです。

これも通常のゴルフで大事なことですね。

 

実は、スピードゴルフを始めてから、通常のゴルフのスコアが良くなったというゴルファーがたくさんいるそうです。
確かにいいゴルファーはアドレスしてから打つまでが速いですよね。

最後に、

スピードゴルフの一番の特徴は「一人でプレーすること」

周りの人たちのプレーに影響を受けない、自分との闘いです。
そして、スコアも完全な自己申告。

誰もあなたのプレーを監視していません。

よりよいゴルファーになるために必要なすべてが揃った新しいスポーツをぜひ体験してみて下さい。

 

スピードゴルフの大会に出たい

スピードゴルフ体験会

開催日:2017年6月6日(火)
会場:アジア取手カントリー倶楽部
〒302-0026 茨城県取手市稲1340
参加資格:なし。未成年は保護者の同意が必要。
募集人数:32名(4サムでの組み合わせ)
参加費:5,900円(税込、別途ロッカーフィ216円)

 

スピードゴルフオープン2017

開催日:2017年9月4日(月)
会場:ワンウェイゴルフクラブ
〒300-0023 茨城県土浦市沖宿町3476
参加資格:なし。未成年は保護者の同意が必要。
募集人数:コンペティション部門72名、エンジョイ部門25組(100名)
参加費:15,000円(税込、コンペティション部門)、10,000円(税込、エンジョイ部門)

 

スピードゴルフ選手権大会

第1回大会、松井丈さん(東京都)がタイム46分31秒、スコア「76」
トータル122.31ポイントで優勝。

松井さんはこれ以降、第3回大会まで3連覇

松井さんは世界選手権にも出場し、7位と検討しました。

 

ちなみに世界記録は2005年10月にクリストファー・スミス(アメリカ)

スコア「65」、タイム44分06秒の合計109.06だそうです。上には上がいますね。

 

スピードゴルフの動画


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。