キャットフィッシュ[ネット恋愛のなりすまし]はどのようにして見分けるのか。

直接会わないがゆえに、ネット上ではなりすましの恋愛が可能です。

キャットフィッシュという言葉が今、ネット上をにぎわしています。

「Catfish」直訳すると「なまず」

ネットでの使われ方としては「なりすまし」を指しているようです。

なりすましといっても、金品をだまし取る詐欺等の行為ではなく、全くの別人になりすましてネット上で恋愛をするという類のものです。

 

キャットフィッシュとは

例えば、50歳を過ぎた女性が「18歳です」と語り、ネット上から拾ってきたグラマーな美少女の写真をこれが自分だとして送る。

男性は舞い上がって、何とか交際をしようとメールやチャットを繰り返すが、女性は絶対に会おうとしない。

最後には実際の正体がばれて愕然とする。

逆パターンで体重100kgの中年男性がイケメンの写真を使ってなりすましたり、女性が男性に、男性が女性になりすますなんて言うこともあるようです。

 

 

映画キャットフィッシュ

ことの始まりは映画「CATFISH」

脚本と主演のニーヴ・シュルマンがネットで知り合った女性と恋愛関係になったが、実際に会ってみると写真とは似ても似つかない別人、しかも人妻でした。

いわゆる「なりすまし」の被害あい、深く傷ついた自分の実話を映画化したものです。

ちなみに、「Catfish」のタイトルは

その人妻の旦那が言った、『世の中にはナマズがいるんだ。生きたまま鱈を船で運ぶには、そのまま運んでいくと泳がなくなって死んでしまう。ところが、ナマズを1匹入れておくと、ナマズが鱈を噛むから、鱈は逃げ続けることで死なずにすむんだ』

このセリフからつけられたタイトルらしいです。

しかし実際には、この鱈とナマズの話さえも作り話で、何から何までフィクションだったというオチです。

 

映画自体は大ヒットをしたというわけではない(日本語化もされていないようです)が、二ーヴのところには全米からメールが殺到。

その中に、ネット恋愛の相手を調べて欲しいという依頼が非常に多くあったといいます。

こんなにもネット恋愛で相手のことがわからず悩んでいる人たちがたくさんいることを知ったニーヴが中心となって作ったテレビシリーズが話題になりました。

そのテレビシリーズが

 

ネット恋愛調査番組「CATFISH:THE TV SHOW」

ニーヴ・シュルマンと、カメラマンのマックスの2人で作られたこの番組の仕組みは以下の通り。

  • 「ネットで知り合った人と恋愛をしているけれど、会ったことがない。あるいは、会おうとしてくれなくて困っている人はいませんか?その人に会わせます!」という募集をかける

 

  • 「何年もある人とネットで文通みたいなことをしてて。結婚も誓い合ってるのに1回も会ってくれないんだよ』みたいな人が沢山くる

 

  • その相手の正体を突き止める

 

キャットフィッシュの見分け方

ニーヴ監督がこれまで取材を続けていく中で、キャットフィッシュの条件がわかってきたようです。その主な3つがこちら

  • アイコンがイケメンや美女である場合

 

  • スカイプ等のビデオチャットをどんなに頼んでもしてくれない

 

  • フェイスブックの友達がいない場合

 

もしも、貴方がネットで知り合い好意を持っている方がいらっしゃるのであれば、これらに注意してください。

「キャットフィッシュ」を観る

Amazonプライム・ビデオで『キャットフィッシュ』を観る事ができます!



PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。