台湾のゴミ分別、ゴミ収集事情。台湾に住むならゴミ回収ボックスがあるマンションで!

ゴミに対する意識が年々高まり、日本でも家庭ごみの分別がとても面倒くさいくなっていますよね。

あ~しまった!今日は不燃ごみを出し忘れた。。。

次は1週間後か~
よくありがちな光景ですね。
ゴミ分別の方法はもちろん世界各国で異なりますが、台湾のゴミ分別と収集事情が面白いのでまとめてみました。

台湾のゴミ分別と収集事情

基本的には、各都市の市政府環境保護局がゴミ収集車を巡回させて回収しているので、地域によって収集事情は異なるようです。

ここで記載されているのは、台北、台中などの都市部でのゴミ回収事情です。

また、現在は収集方法などが変更になっている可能性もありますので、予めご了承ください。

 

台湾では公共のゴミステーションのようなものはありません。

ゴミ回収車が、それぞれの地域で決められた時間に巡回しているので、そのゴミ回収車に乗る作業員に渡すというスタイルです。

ゴミ回収車は、夕方から夜の時間帯に来ることが多いようです。(地域により異なります)

ここで日本と大きく異なる点は、ゴミ袋が置いてあっても、そこに人がいなければゴミ回収車は通り過ぎてしまうのです。

 

さらに、作業員がその場でゴミの分別チェックして、もしキチンと分別されていないことがわかると、回収しないで突き返されてしまいます。

 

このスタイルだと、ゴミ回収車が来る予定の時間に、ゴミ回収車が通るルートに待機していなければなりません。

実際に、雨の日でも道端にゴミ袋をもってゴミ回収車を待っている人々が見られます。

出典:yaephone.com

ゴミ回収の時間までに帰宅できない親が、子どもにゴミ出しを頼み、外に遊びに行きたい子どもは、ゴミ出しが嫌で家出したという事件は、台湾ではときどきある話のようです。

 

ゴミ収集車は、「エリーゼのために」か、「乙女の祈り」のメロディを鳴らして回収に来るので、このメロディが聞こえると、手にゴミ袋を抱えた人々が一斉に家から飛び出してくるのが台湾での日常的な風景のようです。

ある年、クリスマスの季節に気分を変えたかったのか、クリスマスソングを流したところ、「気がつかないで、ゴミを出せなかった!」とクレームが殺到したとかしないとか。

 

台湾に住むならゴミ回収ボックス付きのマンション

このような台湾のゴミ回収事情ですが、マンションなどの集合住宅には、住民専用のゴミ回収ボックス付き物件もあります。
この場合は、管理人さんなり民間回収業者なりがマンション全体のゴミをまとめて出すという形になり、マンション住民の専用ゴミ回収ボックスにゴミを出しておけば、その場にいなくても回収してもらえます。

ただし、ゴミを出せる時間は限られていて、それ以外の時間は施錠されているのが普通のようです。

それで、かなりゴミ出しの負担が軽減されますね。

 

そんな事情もあり、台湾での賃貸マンションはゴミ回収ボックス付きであることが必須とも言えます。
外国人向けの高級マンションなどは、ほぼ100%ついています。

出典:pwmi.or.jp

 

それでは、ゴミ回収ボックス付きのマンション暮らしでもなく、仕事の都合で回収の時間に家にいることが出来ない場合はどうするのでしょうか?

 

その場合は、代理で出しておいてくれる方か、民間の業者などに、有料でお願いするようです。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。