滝野莉子・織田信成コーチと目指すオリンピック[トリプルアクセル習得!高校は?

平昌オリンピックを目指す女子フィギュアスケート陣。

浅田真央選手の引退後も、日本女子スケート界は本田真凛選手を始めとして、若い才能が次々に育っています。

そんな中に異色のスケーターが急成長しています。

滝野莉子(たきの りこ)

出典:twitter

滝野莉子(たきの りこ)プロフィール

生年月日 2002年3月13日
年齢 15歳
出身 大阪府三島郡
所属 大阪スケート倶楽部
中学校 島本町立第二中学校(大阪府)卒業

憧れの選手は、宮原知子選手

現在の日本女子のトップスケーターですね。

宮原知子選手のように、人を惹きつける演技が出来るように頑張りたい

 

メインコーチは、織田憲子さん、織田信成さん

織田信成さんにとって、教え子で初めてのトップ選手となります。

信成先生は体を使って実践して教えてくれて、とても分かりやすいんです。

その、織田信成さんですが、2017年4月から関西大学スケート部監督に就任しました。

出典:sankei.com

滝野莉子選手は現在高校1年生。

進学先は公表されていませんが、メインコーチが関西大学の監督ですから、練習環境の整った、関西大学高等部へ進学している可能性が高いと思います。

 

滝野莉子は異色の経歴

滝野莉子選手は、小学校1年生のときから空手も習っていたそうで、スケートを始めたのは、小学校4年生の時。

この経歴のどこが異色?と思われるでしょうが、女子のフィギュアでは、幼少期から滑り始めている選手が圧倒的です。

特に国際大会で活躍するようなトップ選手に関してはその傾向が顕著です。

有名選手の例でいえば

本田真凜選手は2歳

宮原知子選手は4歳

浅田真央選手は5歳

5歳で始めた浅田選手にしても、始めるのが比較的遅いと言われていました。

 

小学校4年生といえば、10歳。

滝野莉子選手が全日本選手権に史上最年少で出場したのが14歳。

普通、「史上最年少」という記録は幼少から始めたからこそ可能になるものですが、滝野莉子選手はスケートを始めて、わずか4年です!

細かな技術や表現力が要求されるフィギュアでは驚異的な急成長だといえます。

 

滝野莉子選手の成績

2016年12月の全日本選手権へは史上最年少で出場

ショート「火の鳥」

フリー「レミゼラブル」

2017年2月には全日本中学生大会で3位に入賞

1位 本田真凛(写真中央)
2位 山下真瑚(写真左)
3位 滝野莉子(写真右)

出典:twitter

2017年2月:バヴァリアンオープン2017 ジュニア2位

2017年5月:レイクカップ 優勝

同学年の本田選手とは今後も切磋琢磨しあって日本女子フィギュア界をリードしていって欲しいですね。

トリプルアクセルを習得!

フィギュアスケート女子で15歳の滝野莉子(大阪ク)が6日、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に実戦で初挑戦した。

大阪・高石市の府立臨海スポーツセンターで、フリーのみを行う全大阪2選手権に出場。転倒したものの、冒頭で3回転半を組み込んだ。

記録はアンダーローテーション(回転の不足分が4分の1回転以上、2分の1回転未満)となったが、演技直後には「初めて試合でトリプルアクセルを入れて、回転することができたのが収穫」と手応えをつかんだ。

女子では世界で7人しか成功者がいない大技習得を目指したのは、わずか1カ月前だった。その思いは「みんなについていくには、トリプルアクセルが必要かな」。ジャンプで唯一前向きに踏み切るアクセルは「怖い」と勝手が違う。練習での着氷は1度で「パンク(空中で抜けてしまうこと)しないように」と回転数にこだわることを第1段階にしている。

(出典:日刊スポーツ)

 

平昌オリンピックへの出場は?

平昌オリンピックのフィギュアは、2017年7月1日現在の年齢で15歳以上という年齢制限があります。

滝野莉子選手は、15歳3ヵ月でギリギリOKなのですが、平昌オリンピックの出場枠は2。

第1人者であり、滝野莉子選手が憧れる宮原知子選手は、疲労骨折で世界選手権を欠場。

しかし、故障が完治していれば実力的には、宮原選手の出場は間違いないところ。

出典:kenton3375.com

残り1枠を有望選手がひしめき合って争うことになります。

樋口新葉選手

出典:kenton3375.com

三原舞依選手

出典:kenton3375.com

本田真凛選手

出典:kenton3375.com

白岩優奈選手

出典:kenton3375.com

本郷 理華選手

出典:kenton3375.com

などなど。

常識的には、滝野莉子選手は2022年の北京を目指すことになるのかな?と思いますが、何といっても急成長している選手ですし、大ドンデン返しということもなくはない。

目が離せませんね。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。