グリーンフラッシュ・火山雷・モーニンググローリーはどこで見られる?

「気象予報士が厳選!絶対に見せたい気象現象」

 

グリーンフラッシュ

出典:takesaba.blog.so-net.ne.jp

太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく現象。

空気の非常に澄んだ場所で、その他の気象条件にも左右されるので、発生確率は非常に低い。

 

グリーンフラッシュを見るには

日本一「グリーンフラッシュ」が見える場所として名高い

小笠原諸島の父島にある「三日月山展望台」

出典:liliki.net

もちろん、それでもめったに見れるものではありません。

他に目撃情報が寄せられるのは

沖縄県石垣島天文台

恩納村展望台

海外だと、ハワイ、グアム、サイパンなどでどこも低緯度の南国が多いようですね。

 

動画で見ると、グリーンに光るのはほんの一瞬の出来事。

グリーンフラッシュ/Green Flash in Hawaii

 

火山雷(かざんらい)

出典:yoso-walk.net

火山噴火によってもたらされる雷のこと。

火山が噴き上げる水蒸気、火山灰、火山岩などの摩擦電気により生じる。

日本は火山国なので、国内でもたびたび目撃されている。

特に日本の火山は溶岩の粘性が高い火山がほとんどなので、火山が噴火する時にはほとんど火山雷が観測されてます。

 

2015/5/21、深夜に起こった桜島の爆発的噴火。

出典:pbs.twimg.com

 

火山雷を見るには

基本的に火山の噴火をともなうので、見に行こうとするのは非常に危険な行為です。

桜島の他にも、栃木県の茶臼岳、群馬県と長野県の県境にある浅間山でも噴火すれば、火山雷は必ず発生するはずです。

桜島噴火2010年1月29日19時48分 火山雷

モーニング・グローリー

出典:ameblo.jp

朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のこと。

発生の際に湿度が高くなり、前日には強い海風が吹いていたことが多いとされている。

モーニング・グローリーを見るには

一番よく見られる場所は、オーストラリアのクイーンズランド州バークタウンと言われています。

高度1~2kmにでき、長さは最大1,000kmに達し、最大で時速60kmで移動するらしいです。

他にはアメリカ中部、イギリス海峡、ドイツのベルリン周辺、ロシア東部、アイスランド、オーストラリアの海岸部などで観測されています。

日本では、佐渡市相川沖の西約120キロの日本海上で観測されたそうです。

どうしても見たいのであれば、オーストラリアまで行きますかね。

 

感動動画!!モーニンググローリー(オーストラリア)


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。