トビハゼ【飼い方、通販購入】なぜ陸で生活できるのか

魚なのに水が嫌いで、泥沼を飛び跳ねる「トビハゼ(マッドスキッパー)」

水中にいなくても大丈夫な理由は?

飼育方法は?

食べられるの?

通販で買えるの?

などなど調べてみました。

 

トビハゼ

引用:wikipedia

通称「マッドスキッパー」と呼ばれています。

干潟の泥上を這い回り、ジャンプする魚として有名です。

干潟というと「ムツゴロウ」を思い出すでしますね。
トビハゼとムツゴロウは近い仲間ですが、属が違います。

また、地方によって呼称が異なります。

ピョンピョンハゼ(高知)ネコムツ(九州地方)カッチャン、カッチャムツ、カッタイムツ(佐賀)カタハゼ、ムツゴロ(熊本)、トントンミー(南西諸島)。(出典:wikipedia)

 

トビハゼはオスが早死にする

実はトビハゼはオスとメスではその寿命が大きく違います。

生後1年ほどで全長5 cmとなるのですが、オスの大部分はここで繁殖に参加し、繁殖後に死んでしまうのです。

つまり、オスの寿命は約1年。

一方、メスは生後2年ほどたって全長7~10 cmまで成長してから繁殖に参加します。

メスはその後も生きて、通常3年、長ければ4年が寿命のようです。

人間も女性の方が長生きですが、ここまで違うのは驚きですね。

 

トビハゼはなぜ陸で生きられる?

トビハゼは、寒いのは苦手なので冬は巣穴でじっとしていますが、春から秋にかけて干潟上で元気に活動します。

近づくとピョンピョンと連続ジャンプで素早く逃げ回るので、捕えるのは意外と難しいようですね。

引用:asahi.com

さて、トビハゼにしてもムツゴロウにしても、なぜ陸地で生きることが出来るのでしょうか?

肺呼吸をしている?

いえいえ、さすがにそれはない。

トビハゼは陸上では、皮膚呼吸をしています。

皮膚が乾くと呼吸ができなくなり死んでしまうので、ずっと陸上で生活できるわけではありません。

泥の上を転がるのは皮膚の乾燥を防ぐためですね。

 

また、皮膚呼吸以外にも、口の中に水をためておいて、その水から酸素を得る事もできるのです。

 

ちなみに魚類は代謝によって発生する体内の窒素をアンモニアにして水中に放出するのですが、陸上では放出できないアンモニアが体内に溜まりエラや脳にダメージを与えてしまいます。

ところがトビハゼは、このアンモニアを、アミノ酸という体に無害なものに変えて体に貯めて、水に入ったときにもう一度アンモニアをアミノ酸から切り離して排出するのです。

驚くべきシステムですね。

トビハゼが水の中に時々はいるのは、皮膚の乾燥を防ぐためだけでなく、体にたまったアンモニアを水中に放出するためでもあるのです。

 

トビハゼを飼育している水族館

葛西臨海水族園(2004年にトビハゼの繁殖賞を受賞)

姫路市立水族館

のとじま臨海公園水族館

長崎ペンギン水族館

いおワールドかごしま水族館

 

トビハゼを飼う

トビハゼはそのピョンピョン飛び跳ねる可愛い姿から観賞用として広く飼育されています。

引用:asahi.com

ペットショップでの呼称は「マッドスキッパー」の方が一般的でしょう。

飼育のポイントをあげておきます。

 

水質は弱アルカリ性(pH7.5~8.0)を好む。

酸性へのかたよりに気をつけてください。

「サンゴ砂」は水質をアルカリ性にする効果があるので使用をおすすめします。

 

汽水は海水の4分の1程度の塩分。

目安は17.5%~30%なので、25%に調整すれば大丈夫でしょう。

ちなみに、食塩、岩塩、粗塩などの商品は不可です。

ペットショップで「海水の素」を購入してください。

 

水温は23~28℃に保つ。

冬場の低水温には弱いためヒーターを準備しておくと安心です。

 

必ず陸地を用意する。

いうまでもなく陸地に上がることを好むので、これは必須。

ただし浮くタイプの陸地ではなく、重さがあって安定するもの。できれば広く滑らかなものを使用しましょう。

 

水深は体高以上、体長以下が基本。

つまり5~10cm程度でしょうか。

あまり水が少ないと汚れやすいですし、水が蒸発して極端に減ると塩分が濃くなりすぎて危険です。

蒸発による水量の変化には常に気をつけて、淡水を追加してください。

水量が少ないので汚れも早くなるので、定期的に汽水全体の水換えもしましょう。

トビハゼの寿命は、水質悪化や水温変化などに大きく左右されますよ。

水質が悪化しすぎると肌が荒れて皮膚呼吸ができなくなってしまいますし、水温が上昇しすぎると酸欠の原因にもなります。

 

水流を作らない。

エアレーションは水質保持と水温均等化のためで、ごく弱く使って下さい。

水流に逆らって泳ぎ続けられる魚ではありません。水流が強いと溺れるか疲労して衰弱します。

 

水槽は少し高めの位置に設置

床の上などの低い位置だと人に覗き込まれる事に怯えます。

とはいえ、あまり高い位置だとピョンピョン跳ねる姿が干渉しにくいので、1mくらいでいいと思います。

 

フタのすきまはスポンジなどをつめる。

水槽から飛び出す事故が最も多いトラブルです。

これは人が気をつければ防げる事ですから、「このくらいで大丈夫だろう」ではなく念には念を入れましょう。

 

レイアウト例

以下のサイトを参考にしてはどうでしょうか?

引用:mudskipper.2.pro.tok2.com

 

トビハゼの餌

トビハゼは肉食性の熱帯魚なので「冷凍赤虫」がおススメです。

人工飼料なら「カーニバル」などを食べやすいサイズに割って与えてあげてください。

人工飼料はあまり食いついてくれないこともあるため、カーニバルと冷凍赤虫を混ぜて一緒に与える飼い主さんも多いですよ。

また、餌は基本的には陸地に置いて与えましょう。

水中に隠れた弱い固体に与える時は、水中投下も効果的です。

餌の食いが悪いときは、ストレスから来る食欲不振が多いので、水槽を外から見えないように覆いで隠すなどして、できるだけストレスを取り除いてあげましょう。

また、餌のサイズも小さめサイズにした方が食べやすいです。

めっちゃ可愛い!!手の上で餌を食べるトビハゼ

 

トビハゼは混泳できる?

トビハゼは縄張り意識が強く、トビハゼ同士の混泳は喧嘩をしやすく、陸地の取り合いになります。

最終的には、弱い固体が縄張りを持てずに早晩に衰弱死するでしょう。

広い水槽で過疎状態、そして複数の広い陸地が必要です。

また、浅い水深の汽水で飼えるような魚と混泳させたい場合、小さければトビハゼに食べられてしまいます。

おススメなのは、貝類や甲殻類。

水槽を濾過してくれる「牡蠣(カキ)」や汽水域に生息する「ホンヤドカリ」、「オカヤドカリ」などはトビハゼと争うこともなく残り餌の処理もしてくれるので向いています。

 

トビハゼを食べる

人や地域によっては食用にされます。

かつて諫早湾の南岸地方では夜に眠っているトビハゼを灯火で脅かし、網に追い込んで漁獲し、煮干にして素麺の出汁などにしていました。

トビハゼの胡椒煮

ベトナムのカマウ省の南方にあるダットムイにおいて、トビハゼは様々な料理に作られます。

引用:vietnam.vnanet.vn

【作り方】

トビハゼは目、口、腸を取り除き、胡椒、ヌォックマム、塩、砂糖、豚肉、ココナッツミルクに浸けられその後、弱火でぐつぐつと煮る。

 

トビハゼの通販

基本は信頼できるペットショップで購入した方がいいですが、近くにない場合は評判のいい通販でもアリです。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。