風見しんご嫁[荒井晶子]と次女の現在・交通事故運転手の刑罰は?

風見しんこさんの家族の物語を紹介します。

長女の交通事故死という悲劇から10年たった今、風見と妻がこれまで過ごした苦悩の日々を語ります。

事故の詳細、その後の苦悩。

そして、運転手に下された判決は妥当なものなのか?

風見 しんご(かざみ しんご)

引用:livedoor.news
生年月日 1962年10月10日(2017年8月現在、54歳)
本名 大下 義博
出身地 広島県広島市西区己斐
身長 169cm
血液型 A型
所属 (株)マスタープラン所属
学歴 成蹊大学工学部中退

1982年 欽ちゃんファミリーの一員としてデビュー。

かざらない人柄で多くのファンに愛され、、歌手、俳優、ダンサー、タレントと、幅広い活動をされています。

 

風見しんごさんの奥様

荒井晶子(あらい しょうこ)

引用:タレントデータバンク
本名 大下尚子(おおした なおこ、旧姓荒井)
生年月日 1967年7月20日(2017年8月現在、50歳)

なんと元ミス日本の美女です。

1990年に芸能界入りして女優として活躍しました。

代表作

映画「釣りバカ日誌5」
ドラマ「愛しの刑事」

1994年 お二人はご結婚されました。

そして、二人の女の子を授かります。

1996年 長女 えみるちゃん 誕生

2003年 次女 ふみねちゃん 誕生

引用:ザ・テレビジョン

しかし、そんな幸せなご家庭を悲劇が襲います。

 

えみるちゃんの交通事故死

2007年1月17日 東京都世田谷区

長女えみるちゃん(10)は、いつものように通学していました。

自宅からわずか150mの横断歩道を青信号で渡っていたえみるちゃんが、2トントラックにはねられてしまいます。

青信号の横断歩道、しかも小学生の通学時間でスクールゾーンでもあり、居眠り運転ではなかったかと言われています。

奥さん方一方を知ららせて事後現場に向かう風見さんは、ときにはまだ大事故であることを認識していなかったそうです。

手か足を折って、傷口から流れる血を押さえながら道端にへたりこんで大泣きしている姿を想像していた

かわいそうに…。痛がってるかな。

「大丈夫だよ」って抱きしめてやらなくちゃ。

そんなことを考えながら事故現場に到着した風見さんの目に入ってきたのは、1台の大きなトラック。

そのトラックにはねられたことは瞬時に理解したものの、まだ事の重大性を理解できていない風見さんは、えみるちゃんの姿を探します。

しかし、えみるちゃんの姿はどこにも見えない。

ようやく風見さんがみつけたときのえみるちゃんの姿は

トラックの下で、両足が普通では考えられない向きにへしゃげた姿の娘だった

トラックのタイヤがえみるちゃんの腰のあたりに乗り上げたままになっている

とにかくここから出してやらねばと、トラックを一人で持ち上げようとする風見さん。

ことの重大さを理解した風見さんは、あまりにも無力な自分に、全身から力が抜け、手が震えてきたそうです。

そして奥さんは、「えみる、頑張れ、えみる」と叫びながら、我が娘を救おうとエンジンがかかったままのトラックの下に潜り込んでいました。

「エンジン早く切れよ!」

「救急車、まだ呼んでないのかよ!」

たくさんの人たちの叫び声が響く中、20人近い人たちが協力して、えみるちゃんをトラックの下から引き出します。

頭蓋骨骨折による内出血で、顔は大きく腫れ、うっすら開いた目は出血で瞳の中まで真っ赤になっていました。

誰の目にも瀕死の重傷であることがすぐにわかる状態だったそうです。

風見さんと奥さんにとって、その光景はまさに地獄そのものでした。

救急車が到着し、病院に緊急搬送。

どこでどう転んだのかわからないアザを体中に作りながら、風見さんと奥さんはストレッチャーに付き添い、ただ祈るだけでした。

病院に緊急搬送され、一旦心停止したあと一時的に蘇生するも再びその小さな心臓は停止。

二度と動き出すことはありませんでした。

 

風見さんは

うちの子には何の非もないのに、なんでこんなことで命を落とさなきゃいけないんだ

と叫んだそうです。

えみるちゃんの葬儀にあたり、

娘は花嫁になるのが夢だったので、死化粧ではなく、花嫁化粧でお願いします

そして、通夜の場で会見を行い、涙を流しながら

娘とお酒を飲みたかったです、一度だけでも

そして

喧嘩嫌いだった長女のため

として、加害者を非難する言葉は一切口にしませんでした。

 

えみるちゃんの葬儀後の苦悩

時間がたてば気持ちは収まるかなと思ったが、時を重ねるごとに気持ちは変わらないんだなと悟るようになったそうです。

1日24時間、亡くなったえみるちゃんのことを想い出しては、悲しみに暮れるばかりで、ついには、奥さんが病気で寝込むようになります。

毎晩ベッドに入って目を閉じると、最初に事故の現場の映像が出てくる。

僕が現場に駆け付けて目にした光景が。。。

 

そしてある日、風見さんは次女ふみねちゃんの異様な行動を見ました。

テレビ画面に映っているビデオのえみるちゃんに向かって、

「お姉ちゃん、ごめんなさい」

と頭 を下げて謝っていた。

自分が悪い子だから、お姉ちゃんが帰ってこないと思っていたのです。

 

また名前を聞かれると、自分のことをえみるだと答えるふみねちゃん

理由を尋ねると、こう答えたそうです。

えみるちゃんがいなくなってから、お父さんとお母さんが悲しんでいるから、えみるになれば悲しまなくなるから。

 

風見はさんは、「今、守らなければいけない大切なものは何なのか」を次女に気付かされたと言います。

苦悩の末に、

これではいけない。前向きに生きよう

 

天国でえみるちゃんに会った時に

「パパ、よく頑張ったね」

と言ってもらえるようにしっかりと生きていかなければいけない

全てを受け入れて残された家族と一緒に

生きて行く決心ができたそうです。

 

交通安全への啓蒙活動

その後、風見さんは全国各地で交通安全への啓蒙活動を続けています。

交通事故の悲惨さ

命の大切さ

交通安全関連のイベント

これらの講演や、警察が主催するイベントに進んで参加をして、交通事故の悲惨さを訴えています。

そして、事故後は自らがハンドルを握る機会も激減したとのこと。

自分が運転している車の目の前に、えみるちゃんが飛び出してきて轢いてしまうという夢を何度も見たとも言います。

 

風見さんはえみるちゃんが生きていれば、20歳になっていた年を迎えて、自身の経験を出版しています。

 

加害者に下された判決は妥当か?

事故を起こしたのは、大手洗剤メーカーのトラックだといわれています。

業務上過失致死罪に問われた元会社員加藤雅哉被告(23)の判決公判が6日、東京地裁であり、村上博信裁判官は「横断歩道上の安全を確認するという運転者の基本的な注意義務を怠り、登校中の児童を死亡させた刑事責任は重大」と述べ、禁固2年(求刑禁固3年)の実刑を言い渡した。

弁護側は同日、判決を不服として控訴したそうです。

 

この判決が出たのが10年前。

その後の控訴審での報道がないのですが、禁固2年というのが妥当なのでしょうか?

業務上過失致死罪とは

業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。

この判決についてマスコミで大きく報道され、刑が軽すぎると非難が殺到しました。

しかし、業務上過失致死罪の法定刑は、

5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

飲酒運転などの併合罪があれば別ですが、過去の判例と照らし合わせても量刑としては軽すぎるということはないようです。

1年~2年という判決が最も多いようです。

そして、求刑が禁固3年ですので判決としては妥当。

あとは執行猶予がつくかどうかが争点ではないかと思われます。

 

えみるちゃんのような事故の場合、被告から遺族に対する十分な謝罪と補償がなされていれば、実刑になりにくく、執行猶予がつく事案だそうです。

えみるちゃんの事故の場合は青信号であることやスクールゾーンであることなどから、その過失責任を重く見て執行猶予なしの実刑判決になったと思われます。

 

もちろん殺人罪ではありませんが、最大でも5年というのは一般的な感覚としては納得しかねる部分もありますね。

しかし、現実問題として年間の交通事故死亡者数は、年間で約4000人。

加害者となったドライバーが一律実刑というわけには事実上いかないのではないかと思われます。

 

また、被告が即日控訴したということに対しても批判があるようです。

裁判官は

被告が心の底から反省していることは分かっている。

しかし、まだ小さな子が亡くなった。

これから何年の人生があったと思いますか。

命を絶ってしまった責任は重い。

と、実刑を選択した理由を説明したそうです。

 

おそらく過去の判例からしても、執行猶予がつくと弁護側は考えていたのでしょう。

即日控訴したということは、執行猶予がつかなければ控訴するという方針が決まっていたのでしょう。

 

重なる悲劇、長男の死産

実は、えみるちゃんの事故の1年後に、奥さんが妊娠。

悲しみの中に一つの希望の火が灯ったと思われたのですが、残念ながら死産であったことを語っています。

妊娠時の検査ですでに、ダウン症であることがわかっていたのですが、発育途中で障害が出る可能性が高いことを告げられていたのですが、奥さんは『どうしても生みたい』と出産を決意します。

しかし、その長男も産声を上げることなく、心肺停止と診断されました。

「こころ」と名づける予定だった長男に風見さんは

「えみるが亡くなってから、前を向くように家族の背中を押してくれたのは長男だと思っています」

お二人のお子さんの、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

現在の奥さんと次女ふみねちゃん

現在も芸能活動を続ける風見さんですが、現在、奥さんとふみねちゃんはどうしているのでしょうか?

ふみねちゃんは、アメリカの学校で学ぶために渡米し、奥さんも一緒にアメリカで幸せに暮らしているようです。

あのような事故もあり、マスコミの取材も大変だったでしょうから、ふみねちゃんには静かな環境で学んでほしかったのかもしれませんね。

 


えみるの赤いランドセル―亡き娘との恩愛の記

こんな55歳かっこよすぎ!風見しんごの挑戦!


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。