三浦文彰の楽器ストラディバリウスの値段は驚きの●●円

NHK大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になった、オープニングのバイオリン。

作曲家の服部孝之さんの作品なのですが、演奏しているバイオリニストこそ、今注目の若手バイオリニストです。

若くして才能あふれる天才バイオリニストにしてイケメン。

今注目の世界的なヴァイオリン奏者三浦文彰を調べてみました。

三浦 文彰(みうら ふみあき)

出典:spice.eplus.jp
生まれ 1993年3月23日(2017年8月現在、24歳)
出身地 東京都世田谷区
在住 ウィーン
高校 桐朋女子高等学校音楽科
大学 ウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学
所属 株式会社AMATI

三浦文彰さんは、両親ともにヴァイオリニストの音楽一家に生まれます。

やはり芸術家は小さなころから始めている方がほとんどですね。

3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事しました。

 

小中学生時代から多くのコンクールで賞を受賞しています。

主なものとしては

2003年、04年と全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位。

2006年4月、ユーディ・メニューイン国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門第2位。

 

そんな三浦文彰さんが世界的に注目を浴びるようになったのは、わずか16歳のころ。

2009年10月
世界三大ヴァイオリン・コンクールのひとつである、ドイツ・ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクールに史上最年少の16歳で優勝を果たします。

その後は、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、シュトゥットガルト放送響、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響など、国内・海外問わず数多くのオーケストラと共演している人気バイオリニストです。

三浦文彰さんのチケット情報

 

三浦文彰さんの高校

プロフィール欄にあるように、高校は、桐朋女子高等学校音楽科です。

ん?

女子高?

そう、桐朋女子高等学校は女子高なのですが、音楽科だけは共学という珍しい高校なのです。

音楽科のレベルは高く、高嶋ちさ子さんなど著名な音楽科を多数輩出している名門校です。

 

三浦文彰さんのご家族

三浦文彰さんの父親

三浦 章宏(みうら あきひろ)

出典:ww.1002.co.jp
生まれ 1961年(昭和36年)
出身 大阪
高校 兵庫県立川西緑台高校
大学 筑波大学(1984年卒)

三浦章宏さんは、4歳よりバイオリンを始めました。

大学卒業後、第53回日本音楽コンクールに入選し、1985年にNHK交響楽団に入団します。

その後、ドイツ・ミュンヘンへの留学をへて、1999年に新星日本交響楽団の主席コンサートマスターに就任します。

そして、2001年より東京フィルハーモニー交響楽団の主席コンサートマスターを務めて現在に至ります。

コンサートマスターとして多忙な毎日を過ごしながらも、ソリストとして国内外で有名な楽団と共演、国立音楽大学や洗足学園音楽大学での後進への指導に当たるなど幅広く活躍をしています。

 

三浦文彰さんの母親

三浦文彰さんのお母様も、夫・三浦章宏さんと同様に音楽家の道を歩みましたが、現在は演奏家としてではなく、自宅でバイオリンを教えていらっしゃるようです。

 

三浦文彰さんの妹

三浦 舞夏(みうら まいか)

出典:www.tiaa-pro.com
生まれ 1996年(平成8年)
高校 桐朋女子高等学校音楽科
大学 桐朋学園大学3年在学中

兄、三浦文彰さんと同じ、桐朋女子高等学校音楽科を卒業し、現在大学3年生の女子大生であり、若手ピアニストとして音楽活動をしています。

三浦舞夏さんは、3歳よりピアノを始め、徳永まさみ氏に師事します。(現在は、三上桂子氏に師事)

主な受賞経歴としては

第15回ショパン国際コンクール in ASIA 高校生部門金賞。

第7回、第9回ミュージック・アカデミー in みやざき優秀賞受賞。

2014年、2015年の、宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学生。

特定非営利活動法人イエロー・エンジェル宗次德二理事長の支援を得て、プロのクラシック音楽の演奏家を志す生徒・学生・若手演奏家に対し、国内の教育機関での学業費用または研修費用等を支援する制度です。

父兄妹でもセッションをすることもあるらしいです。

出典:hotjupiter.net

 

三浦文彰さんの楽器はストラディバリウス

さて、バイオリンというと名器と言われるものは数億円という価格が話題になることがあります。

三浦文彰さんの使っている楽器もそんな高額なものなのでしょうか?

高額なバイオリンとして有名なのは「ストラディバリウス」ですね。

音楽の素人でもその名くらいは知っていますね。

実は、三浦文彰さんの楽器も、「ストラディバリウス」です。

ストラディヴァリウス 1704年製作 “Viotti”

出典:amati-tokyo.com

実はこのストラディバリウス。

普通に購入しようと思うともちろん数億円の価値のあるものなのですが、三浦文彰さんは無償で貸与されて使用しているのです。

無償?

数億円もする名器を無償??

実は、ある実業家が所有する名器コレクションを才能ある芸術家に特別に無償で貸与するプログラムがあるのです。

才能あふれる未来の若手演奏家支援のために、そしてクラシック音楽の発展のために、特別に応援するプログラムとしてストラディヴァリウスをはじめとする「名器貸与」を行っております。

ストラディバリウス

こんな太っ腹なすごい支援を行っているのは、「ココイチ」の愛称で有名な、株式会社壱番屋(カレーハウスCoCo壱番屋)の創業者で元会長・宗次徳二(むねつぐ とくじ)さん、宗次直美(むねつぐ なおみ)さんご夫妻です。

ご夫妻はクラシック音楽好きであり、 2007年(平成19年)にはクラシック音楽の普及を目的として、28億円の私財を擲って宗次ホールを建設。

経済的理由で進学できない音楽家志望の児童の支援や、小中学校への吹奏楽器寄付とともに、名器を手にすることができない若手演奏家のために貸与を行っているのだそうです。

確かに、ただ所蔵しているよりも弾いてもらってこその楽器の価値ですからね。

それにしてもすごいです。

 

三浦文彰さんの彼女

ネット上ではいろいろ噂があります。

その1つに、水野彰子(みずのしょうこ)さんという名古屋出身のピアニストが彼女ではないかという噂もありました。

きっかけはこの写真らしいのですが

しかし、音楽科同士がリサイタルで一緒になってツーショットの写真を撮るのはごく自然なことで、この噂の真偽のほどはわかりません。

 

いかがでしたでしょうか。

才能あふれる若きバイオリニストの今後の活躍に期待したいです。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。