奥原希望・世界選手権優勝!【彼氏情報】

バドミントンの奥原希望選手が、世界選手権で初優勝を飾りました。

決勝で同五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)と対戦。

昨年五輪準決勝で敗れた因縁の相手に2-1で勝った。

日本勢の世界選手権制覇は77年第1回大会女子ダブルスの栂野尾悦子、植野恵美子組以来2度目の快挙だ。

[スコア]  奥原 2(21-19・20-22・22-20)プサルラ

(出典:日刊スポーツ)

決勝前日のツイート

奥原 希望(おくはら のぞみ)

出典:朝日新聞
生年月日 1995年3月13日(2017年8月現在、22歳)
出身地 長野県大町氏
身長 156.3㎝
中学校 大町市立仁科台中学校
高校 埼玉県立大宮東高等学校
利き腕
所属 日本ユニシス
世界ランク(最高) 3位
日本ランク(最高) 1位

小・中学校時代

奥原さん一家は、お父さん、お姉さん、お兄さんがバドミントンしているというバドミントン一家。

そんな影響もあって、小学校2年生からバドミントンを始めます。

小学校時代から、その実力を順調に伸ばして、小学校6年生の時にはANAアジアユースジャパンU13で優勝を果たします。

中学校時代には、全日本ジュニアバドミントン選手権大会にて中学1年次には新人部門でシングルスベスト8

中学2年次には新人部門でシングルス優勝

中学3年次ではジュニア部門でシングルス2位を獲得します。

 

高校時代

その才能が大きく開花したのが、高校時代。

高校1年生で全日本ジュニア選手権で優勝を果たします。

高校2年生では、全日本ジュニア選手権で2連覇。

さらに、高校2年、3年と2年連続でインターハイも制覇します。

国内の同世代には敵なしの存在となった奥原希望選手は、国際試合にも出場しはじまるようになり、世界ジュニアバドミントン選手権大会では銅メダルを獲得します。

ついに世界で戦うようになったのですね。

そして、全日本総合選手権では、宮村愛子(熊本中央女子高等学校)の持つ18歳4ヶ月を大幅に更新する、高校2年生16歳8ヶ月での史上最年少優勝を果たし、ついに日本トップ選手に躍り出ます。

この年から、バドミントン日本代表に選出され、活動を始めます。

高校3年生の時には、世界ジュニア選手権・女子シングルスで、日本勢初の金メダルを獲得しました。

ここまで順風満帆だったバドミントン人生でしたが、実は、高校卒業を控えた2013年1月。

左膝の半月板を損傷し、手術を受けることになります。

 

実業団時代

膝の故障から入社してもしばらくは休養。

しかし、故障から立ち直ると再び快進撃が始まります。

2014年11月、スーパーシリーズの香港オープン準優勝。

2015年 ヨネックス・オープン・ジャパンで、スーパーシリーズ初優勝。

2015年12月 全日本総合選手権優勝。

2015年12月 スーパーシリーズファイナルズ優勝(日本人初)

2016年3月 全英オープン優勝。

そして、世界ランク3位でむかえたリオデジャネイロオリンピックでは、準決勝では敗れたものの、日本バドミントン史上初の銅メダルを獲得しました。

出典:nissy0909.com

 

オリンピック後

オリンピック後の奥原希望選手は、再び故障に苦しんでいました。

昨年9月に右肩痛が発症し、全日本総合では無念の途中棄権。

しかし、両膝手術から立ち直った奥原選手は、「東京五輪へ体を作り直す」と気持ちを切り替えて再起を目指します。

長年酷使してきた肉体にはゆがみが生じ、左右が大きく非対称となってしまっていることも故障の原因でした。

左打ちで素振りをしたり、練習試合もすることで体全体のバランスを整えます。

 

利き手と逆での練習は野球やゴルフでもバランスを整える意味でもよくやる練習ですね。

ダルビッシュ有投手は左でも見事なカーブを投げますしね。

 

さらに肩の可動域を広げるトレーニングも取り入れ、肉体改造に取り組みました。

故障が癒えて復帰してから試合感覚が戻るのに時間がかかりましたが、地道に修正して臨んだ世界選手権での優勝。

「東京五輪に向けては常に頂点を目指す」

まだ発展途上である奥原希望選手。

東京オリンピックでの活躍に期待したいです。

 

奥原希望の彼氏

さて気になる彼氏情報です。

いるともいないとも様々な噂がありますがどれも不確定情報ですね。

例えば、カジノの問題で話題になった桃田賢斗選手。

出典:sportiva.shueisha.co.jp

最近、謹慎が解けて競技に復活しました。

女子トップ選手の奥原選手と並んで、男子のトップ選手として紹介されることが多かったこともあって一時噂でした。

 

あるいは、奥原希望選手と同じく日本ユニシスに所属している坂井一将選手

出典:www.smash-net.tv

現在国内ランキング1位の選手です。

所属が同じトップ選手同士ということでやはり噂になりました。

2つとも噂の域を出ない情報のようですが、果たして???


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。