桐生祥秀9秒98【非黒人としては何人目】ボーナスはもらえるの?

日本人初の9秒台はやっぱりこの男でした。
10秒の壁を破るために、どれだけの努力をしたのでしょうか。

ついに!

日本陸上界悲願の100M9秒台が出ました!


全日本インカレの2日目

2017年9月9日

決勝で追い風1・8メートルの中、9秒98をマークし優勝。

伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新しました。

レース直後、興奮冷めやらぬ桐生は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、(世界の)スターラインに立てたかな」と喜んだ。

京都・洛南高3年だった13年4月に日本歴代2位の10秒01を記録。15年3月にはテキサス・リレーに出場し、追い風3・3メートルの条件下で9秒87を記録した。風力が2・0メートルを超えているために参考記録となったが、電気計時で日本人初の9秒台に踏み込んでいた。そして遂に公認記録で、10秒00の壁を破った。

桐生は前日の予選では、追い風4・7メートルの7組で10秒18(追い風参考記録)の1着。準決勝でも追い風2・4メートルの中、10秒14をマーク。好状態をキープして臨んだこの日のレースだった。

(出典:yahooニュース)

ちなみに、2位の多田選手も自己ベストを更新する、10秒07の好記録でした。
さあ、これから東京五輪までの3年間で日本人選手の9秒台ラッシュがあるのでしょうか!

 

<追記>掲載した記事の中で、「世界で何番目の9秒台か」
および、「日本は世界で何番目の9秒台選手を生んだ国か」について、その後の報道と食い違う点がありました。

詳しく調べ直した結果、数字が食い違った原因が判明しましたので、ご確認ください。

 

 

桐生 祥秀(きりゅう よしひで)

出典:headlines.yahoo.co.jp
所属 東洋大学
生年月日 1995年12月15日(21歳)
出身地 滋賀県彦根市
中学 彦根市立南中学校
高校 洛南高校
身長 176cm
体重 70kg
コーチ 土江寛裕

小学生時代はサッカーのゴールキーパーをしていたという桐生少年。

彦根南中学で陸上を本格的に始めます。

中学時代は故障に悩まされた桐生選手は、意外にも全国大会での優勝経験はありません。

3年生の全日本中学選手権(全中)で200m 2位(21秒61)が最高の成績でした。

京都の洛南高校進学後、メキメキと記録を伸ばし、高校1年生の国体少年Bで10秒58の記録で優勝。

高校2年生のときには、100m,200mで次々に記録を塗り替え、100mは10秒19、200mは20秒70まで伸ばし、名実ともに高校のトップスプリンターとして名を馳せました。

そして、高校3年生で出場した織田記念で10秒01の日本歴代2位を記録して一気に日本のトップスプリンターに躍り出て、このときから9秒台を渇望されるようになりました。

東洋大学に進学後は、故障もあり待望の9秒台を出せないまま、ケンブリッジ飛鳥、多田修平、山縣亮太、ハキームサニブラウンなどが台頭。

今年のロンドン世界陸上では100mの代表から漏れていました。

一方、4×100mリレーでは抜群のコーナーワークとバトンパスで欠かせない戦力として定着。

リオオリンピックで銀メダル、ロンドン世界陸上で銅メダル獲得に大きく貢献しました。

東京五輪での4×100mでは、悲願の金メダルを狙う日本にとって、今回の桐生選手の9秒台が起爆剤となり、9秒台の選手が複数出てきてくれることが期待されます。

また、桐生選手自身も、リレーはもちろん。

本職の100mでの決勝進出に向けて、大きなヤマを一つ越えました。

更なる進化に期待したいですね!

 

桐生選手のインタビュー

ついに9秒台。

「今はもうテンションが上がっていて…。

東洋(大学)最後の100メートルで、こういうタイム出せたのはいろんな複雑な思いがある。

最初、東洋大学に入って、上手くいかないことがあったり、このままベスト出さずに卒業っていうのもよぎった。

そういう中で今回出場してこういうタイムが出せたのは、すごくうれしい。

やっと4年間くすぶっていた自己ベストが更新できたなと」

出場も迷っていた。

「足に不安があって、コーチとギリギリまで相談した。

出るってなれば、肉離れしてでもスタートからいかないと、と思っていた。

多田くんの調子も良かったので。

出るならけがしてもいいぐらいの気持ちで前半から飛ばしました」

数字を見たときは。

「9秒99って出て、そこでまずうれしさがあったんですけど、10秒00にならないでくれってお願いしてました」

9秒98になった。

「0秒01でも速くフィニッシュラインを駆け抜けられてよかった。

(個人では)世界の舞台に今年立てなかったので。

9秒台を出して、やっと世界へのスタートラインに立てたのかなと思う」

達成の喜びを誰に伝えたい。

「やっぱりオトンですね。

大会はいつもきてくれましたし、良いときも悪いときあって、(今年の世界選手権に個人で出られなかった時は)慰めてくれたので。

監督、コーチ、トレーナーには4年間本当にお世話になりましたし、今は感謝の気持ちでいっぱいです」

4年間、苦しい時期もあった。

「単体でいうと、世界大会に出られなかったり、けがしたりといろいろあったんですけど、4年間この東洋大陸上部でやってこれてよかった」

改めて日本人初の9秒台。

「そこは考えていた部分もあるんですけど、もっと先のことで、(世界大会の)ファイナリストになりたいというのが1番の目標なので。

ファイナリストに10秒の選手はいない。

ようやく世界へのスタートに立ち入れたと思う。

9秒台出して嬉しかったけど、ここからもう1回スタートしていきたい」

涙はない。

「お世話になった方々が泣いていた。

僕としては良かった。

いつもしんどいことがあると、僕が涙を流すシーンが多かったと思うので。

僕が笑顔でゴールして、見て頂けた人たちが涙を流してくれるのはすごくうれしい」

「お客さんが今日は2階の上までビッシリだった。めちゃくちゃ盛り上がっていたので、力になりました」

初の9秒台にボーナスは?

日本中が注目する9秒台。

先日、ケンブリッジ飛鳥選手は、日本人初の9秒台を出せばスポンサーから「1億円のボーナス」と話題になりました。

桐生選手に先を越されたことで、この1億円は夢と消えたわけですね。

他にも、山縣選手も日本人初の9秒台を出せば、所属先のセイコーから、数千万円の超高級腕時計が贈られる予定でした。

 

では、桐生選手は?

9秒台に最も近いといわれ続けてきた選手ですので、さぞかし高額のボーナスが。。。。

実は桐生選手はまだ大学生であるということで、9秒台のボーナスはなしです。

 

ケンブリッジ飛鳥選手や山縣選手はあくまでもスポンサーや所属企業からのボーナスであって、日本陸上競技連盟からのボーナスはありません。

 

しかし、これで卒業後の進路については争奪戦が予想されますね。

実業団に入るのか、プロ契約をするのかにもよりますが、プロ契約であれば多くのスポンサーがつくでしょうから、いずれにしてもこの記録の価値は金銭面でも大きなものになると思われます。

 

次のページでは、「9秒台は世界で何人目?」と「アジアでは何番目の記録?」「世界歴代10傑」

合わせてごらんください。

https://newstopic21.com/2895.html

 


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。